スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

22222、記念切符や郵便日付印目当てに行列(読売新聞)

 きょうは平成22年2月22日。

 「2」が五つも並ぶ珍しい日付とあって、鉄道会社が売り出した記念切符が次々と売れ、郵便局にも記念となる日付印を求める人が相次いだ。

 JR西日本は「22・2・22」と書かれた記念台紙付きの入場券を準備した。切符は厚紙で作った昔ながらの「硬券」。1枚140円で、九州では午前5時半から山陽新幹線の小倉駅で500枚、博多駅で1000枚を売り始めたが、発売開始前から10人ほどの列ができ、小倉駅は午前中で完売、博多駅も約9割が売れる盛況ぶりだった。山口県内でも新山口、山口、宇部などの駅で取り扱い、売れ行きは好調という。

 山口県岩国市の第3セクター・錦川鉄道も、硬券タイプの記念入場券を222枚発行し、利用客にプレゼントを始めた。

 また、毎月22日は語呂合わせで「夫婦の日」、2月22日は泣き声に似ていることから「猫の日」ともされる。熊本県人吉市の第3セクター・くま川鉄道は、始発の人吉温泉駅から「おかどめ幸福駅」(熊本県あさぎり町)行きの記念切符を発売した。台紙はピンクのハート形。「夫婦の日」「ナイスカップル☆愛を語ろう」との言葉に日付を添えた。

 長崎市出島町の雑貨店「プラゥマイ」では、陶器展「猫集会 IN 出島」が始まった。長崎に多い尾が曲がった「尾曲がり猫」の絵の皿やカップなど約50点。製作した同市富士見町の陶芸家佐藤恵さん(47)は「愛猫家だけでなく色んな方に楽しんでほしい」。3月1日まで。

 福岡市中央区の福岡中央郵便局では、日付の押印を目当てにファンが列をつくった。明太子などをデザインしたポストカードに猫の切手を張り、日付印を押すサービスも用意。福岡県筑前町東小田、山口信行さん(65)は「全国の友達にも日付入りのはがきを送った。喜んでくれるはず」と笑顔を見せていた。

消費者物価1.3%下落=11カ月連続マイナス-1月(時事通信)
<五輪スピード>長島選手に報奨金1000万円…所属の企業(毎日新聞)
<男女死亡>78歳妻を殺害後に自殺か…埼玉(毎日新聞)
<無免許はり治療>肺傷つけ死亡 院長ら逮捕 大坂(毎日新聞)
アメリカンなヤシ並木誕生へ 福生市(産経新聞)
スポンサーサイト

首相「政治とカネが影響」…長崎県知事選敗北で(読売新聞)

 鳩山首相は22日午前、長崎県知事選で与党推薦候補が敗れたことについて、「国政の影響があったことは否めない。やはり政治とカネの問題の影響を受けたと言うべきだ。真摯(しんし)に受け止める必要がある」と述べ、自身の偽装献金事件や小沢民主党幹事長の資金管理団体を巡る政治資金規正法違反事件などが敗北につながったとの認識を示した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。

 そのうえで、「初めての新しい予算が(国会を)通れば、地域経済を必ず大きくプラスの方向に転じさせることができる」と語り、2010年度予算案の年度内成立に全力を挙げる考えを強調した。

<入試出題ミス>理科で、全員に得点 国立高専(毎日新聞)
山梨、茨城などで積雪=気象庁(時事通信)
羽田空港、濃霧でダイヤに大幅な乱れ(産経新聞)
地域医療機能推進機構法案の早期成立で要望書-関係自治体など(医療介護CBニュース)
<固体化リチウム電池>常温以下で作動、世界初 三重で成功(毎日新聞)

読売新聞大阪本社、高橋「銅」で号外発行へ(読売新聞)

 読売新聞大阪本社は19日、フィギュアスケート男子で、高橋大輔選手(関大大学院)が銅メダルを獲得したことを伝える号外を2万5000部発行し、JR大阪駅前や関西大などで配布する。

<官報>両陛下の日程を誤掲載 国立印刷局がミス(毎日新聞)
<裁判員裁判>初の死刑求刑の可能性 強盗殺人で鳥取地裁(毎日新聞)
<ソフトバンク>「王貞治ミュージアム」7月開館(毎日新聞)
長崎知事選、自公系の中村氏初当選 「政治とカネ」響く(産経新聞)
<訃報>面高信俊さん89歳=元王子製紙副社長(毎日新聞)

龍谷大学が合格通知を誤送付 再判定で追加合格(産経新聞)

 龍谷大学(京都市伏見区)は22日、1月に実施した入試を欠席した受験生1人に合格通知を誤送付していたと発表した。別の受験生が、欠席した受験生の受験番号を誤って答案用紙に記入し、大学側が気付かずに2人を取り違えたのが原因。大学側は、受験番号を間違えた受験生1人を合格にしたほか、学科間による調整で別の受験生2人も繰り上げ合格とした。 

 龍谷大によると、1月24日の「一般入試A日程」で、欠席した受験生の座席に別の受験生が間違えて着席。当日受験した計3科目の答案用紙に机のシールに記載されていた欠席者の番号を記入した。試験監督の大学職員が計3回、資料の顔写真や受験番号との照合作業をしたが、気付かなかったという。

 欠席した受験生の自宅に今月9日に合格通知書が届き、受験生からの指摘で判明した。大学側は「受験生に迷惑をかけたのは誠に遺憾。試験監督者の指導を徹底するなど体制の見直しを図りたい」としている。

【関連記事】
日大入試で採点ミス 93人が追加合格
国公立大の倍率上昇、4・9倍に 不況の影響か
大学入試センターに質問書 つくる会 
花園大入試、現代社会で出題ミス
慶応大、看護医療学部入試で出題ミス 範囲超えて出題

元プロ野球・石井氏を擁立=参院秋田選挙区-自民県連(時事通信)
楽天、ヤフーなどIT各社が初の業界団体 積極的に政策提言(産経新聞)
直接支払い、先送り検討=出産一時金で-長妻厚労相(時事通信)
関東で18日朝にかけ雪、南部で積雪のおそれ(読売新聞)
<将棋>久保の封じ手は8六歩 羽生は強気 王将戦第4局(毎日新聞)

「社長、そのうち代える」=トランス社元顧問が取引先に-黒木容疑者の意向か(時事通信)

 システム開発会社「トランスデジタル」をめぐる民事再生法違反事件で、元顧問の峯岸一容疑者(46)が取引先に、社長後藤幸英容疑者(44)について「そのうち代える」と話していたことが17日、関係者への取材で分かった。
 同社筆頭株主の投資事業組合は健康食品販売会社代表黒木正博容疑者(44)が実質支配しており、警視庁組織犯罪対策総務課などは同容疑者が峯岸容疑者を通じ、経営に関与した疑いがあるとみている。
 後藤容疑者ら6人は2008年8月下旬、同社が民事再生法適用を申請する直前、都内のワイン輸入販売会社に数千万円の売掛債権を譲渡したとして逮捕された。
 関係者によると、峯岸容疑者はトランス社の取引先と面会した際、自分がある程度は会社を仕切っていると述べた上で「後藤は能力が足りないので、そのうち代える」という趣旨の発言をした。 

【関連ニュース】
【Off Time】山梨・甲州市でワインツーリズム体験
【Off Time】香港の旅
〔写真特集〕実りある風景-世界の収穫
〔用語解説〕「民事再生法」
駅構内に地産地消ビストロ=長野県〔地域〕

プリウス2台、ハンドル内部でナット脱落(読売新聞)
女性メタボ、腹囲80センチ? =診断基準の見直しも-3万人超解析・厚労省研究班(時事通信)
【科学】「味覚」の要素を数値化、分析できるセンサー開発 九大大学院の都甲教授(産経新聞)
縄文杉への迂回ルート設置急ぐ=先月からがけ崩れで通行止め-屋久島(時事通信)
<普天間移設>名護市長が首相に「海にも陸にも造らせない」(毎日新聞)

政府が金元工作員の証言を横田夫妻に伝達 旅券偽造問題で招致は?(産経新聞)

 中井洽(ひろし)国家公安委員長は18日の記者会見で、政府職員が昨年、大韓航空機爆破事件の実行犯、金賢姫(キム・ヒョンヒ)元北朝鮮工作員に面会し、金元工作員から横田めぐみさん=拉致当時(13)=と会った際の様子や会話内容に関する証言を得て、横田さんの両親に伝えたことを明らかにした。

 めぐみさんの父、滋さん(77)は「政府から受けた説明は、韓国の月刊誌に載った金賢姫さんのインタビュー記事と同程度の内容だった。詳しい話は直接、私たち両親にすると言っているようなので、機会が設けられるなら直接会ってめぐみの話を聞きたい」と話している。

 中井委員長は韓国政府当局に金元工作員の日本への招致を求める意思を伝える一方、法務省と警察庁に対し、入国に向け支障のないような対応を取るよう要請したことも明らかにした。

 政府が日本への招致に向けて動き出した金賢姫元北朝鮮工作員は、大韓機爆破の際、日本の偽造パスポートを使用した旅券法違反事件の“容疑者”として、現在も捜査対象となっている。

 通常のケースなら入国後、警察が事情聴取して偽造パスポートの入手経路などについて追及することになるが、今回、金元工作員は「政府の客」。中井委員長も関係当局に「入国に支障のないような対応」を要請しており、入国までには事情聴取の是非という微妙な問題をクリアする必要がでてきた。

 法務、警察両当局には、入国にあたって事情聴取を控えた場合、「捜査手続きの執行の厳格性が揺らぎかねない」との警戒感がある。こうしたことを踏まえ、中井委員長は18日の記者会見で、両省庁に対し「特例の処遇」ができないか調整を求めたことを明らかにした。

 今後、法務省など関係機関と対応を協議することになる警察の幹部は「容疑性がある限り、こちらから聴取しないと宣言することは絶対にできないが、この問題は政治レベルだ」と歯切れが悪い。

 法曹関係者からは「日本は日本赤軍のダッカ事件以降、テロリストに妥協するような特例措置に敏感。事情聴取しないことの理由付けが難しいだろう」との声もあがっているが、「金元工作員は北朝鮮情報や拉致被害者の生活実態に関する情報を持っていると考えられる。情報収集の一環として特例措置は可能なのではないか」とする政府関係者もいる。拉致被害者や家族の“利益”と、捜査上欠かせない“手続き”のはざまで、問題は揺れている。

 金元工作員は大韓機爆破の直前、ウィーンで「蜂谷真由美」名義の偽造パスポートを使った疑いがもたれている。

【関連記事】
金賢姫元工作員の証言内容をめぐみさん両親に伝達 中井国家公安委員長 
政府、金元工作員来日に向け韓国と協議
政府、金賢姫元工作員の来日に向け韓国と協議
めぐみさん拉致題材の舞台上演 飯塚耕一郎さん観劇
「待つつらさ、忍苦の河の流れのようだったと思います」 金元工作員の手紙

オーロラ 極寒の空彩る マッキンリー山(毎日新聞)
「相談はすべて記録」徹底を=対応しない事案でも-警察庁(時事通信)
「必ずもうかる」無登録モンゴル投資ファンド(読売新聞)
小1虐待の継父 強盗容疑で逮捕状 静岡県警(産経新聞)
<ドクターヘリ>医師の養成支援…NPOが4月に基金創設(毎日新聞)

<金嬉老事件>現場の旅館に資料館…戦後史に残る劇場型犯罪(毎日新聞)

 1968年2月に暴力団員ら2人を殺害した容疑者が、静岡県川根本町の寸又峡(すまたきょう)温泉の旅館に5日間立てこもった「金嬉老(きんきろう)事件」。在日韓国人2世だった金嬉老元受刑囚(81)が記者らを招き入れて在日差別を糾弾するなど、初の「劇場型犯罪」として戦後史に刻まれている。20日で事件から42年がたつのを機に、現場となった旅館の女将(おかみ)、望月英子さん(71)が館内に資料を展示し、一般公開する決意を固めた。【網谷隆司郎】

 ◇昭和の特異な事件、忘れまい

 「怖かった。もう忘れたいと何度も思った」

 宿泊客11人、家族4人と共に人質になった「ふじみや旅館」の望月さん。元受刑囚のライフル銃とダイナマイトにおびえた。3日目に子供らと解放されたが、残された人質のために母屋と旅館を往復、食事の世話を続ける女将根性を見せた。「後味の悪い事件で長年、封印してきたが、風化させてはならないというご意見をいただいた。昭和の特異な事件を次代へ引き継ぐことも当事者の責務と考えた」というのが開館理由だ。

 資料は当時の新聞・雑誌のスクラップや写真類、韓国人僧侶からの感謝状など約200点。1階の大広間に並べた。今では塗り込められて見えないが、「罪もないこの家に大変迷惑を掛けたことを心からお詫(わ)びします。この責任は自分の死によって詫びます。お母さん不幸(不孝の誤字)をお許しください」と書いた壁の前に立つ本人の写真もある。

 一昨年11月、望月さんはテレビ朝日の報道番組で、インタビューに答える金嬉老元受刑囚を見た。「元気そうでしたね」と皮肉っぽく語る。元受刑囚は75年に無期懲役が確定、99年に強制送還を条件に仮出所して以来、韓国で生活しているが、旅館には「何の音信もありません」という。

 ◇地元に賛否の声

 12軒からなる地元の寸又峡温泉にも「今さら事件には触れないほうが」「いや、歴史の現場として正面から取り組もう」と賛否の声があるが、今は「冬のスマタ」キャンペーンを展開中だ。資料館は20日ごろ開館の予定。大人700円、子供400円。

【関連ニュース】
<金嬉老事件は解決したが・・・>特集 忘れない 「未解決」を歩く
監獄歴史館:博物館網走監獄がリニューアル /北海道
イタイイタイ病:継承の県立資料館、国際伝統医学センターに設置
記者ノート:特攻隊の資料館
中沢啓治さん:「次は絵画で追及」 「はだしのゲン」作者、原爆資料館で講演

トランス社債権譲渡で黒木容疑者 社長に事後承認要求 (産経新聞)
性同一性障害の夫「嫡出子」認定を法相に直訴(読売新聞)
トヨタ急加速事故急増「死者34人」米安全局(読売新聞)
献金は「政党シンクタンク」に 経済同友会、企業献金の原則禁止を提言(産経新聞)
<御室桜>クローン技術での増加に成功 京都の仁和寺の桜 (毎日新聞)

鳩山首相元秘書、3月29日に初公判=偽装献金事件-東京地裁(時事通信)

 鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」をめぐる偽装献金事件で、政治資金規正法違反罪に問われた元公設第1秘書勝場啓二被告(59)について、東京地裁(平木正洋裁判長)は18日、初公判期日を3月29日に指定した。
 起訴状によると、勝場被告は2008年までの5年間に、実際には献金していない人の名前を寄付者欄に記載するなどして、同会の政治資金収支報告書に総額約3億5900万円を、関連政治団体「北海道友愛政経懇話会」の収支報告書に約4200万円をそれぞれ虚偽記載したとされる。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美人すぎる市議 藤川ゆり
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
山内衆院議員の元秘書逮捕=支援者から3000万円詐取容疑
「表に出せない金、記載せず」=民主・小林氏資金団体の会計担当者

<雑記帳>飼育員モデル「マルヤマン」CD発売 円山動物園(毎日新聞)
留置場で花札、黙認した警部補ら3人を処分(読売新聞)
「首相が徴税責任者、悲喜劇だ」党首討論で谷垣氏(読売新聞)
下着、部屋着をおしゃれに せめて家の中では…値ごろ感で人気(産経新聞)
石川議員離党は“尻尾切り” 公明・山口代表(産経新聞)

鳩山首相、子ども手当「満額」こだわらない?(読売新聞)

 鳩山首相は14日、首相官邸で開いた会合で、子ども手当について、「将来に借金を増やすことはしたくない。財源は(予算の)無駄を削減する中で、余裕ができた分だけでやろうという仕組みを基本的には作ろうと思っている」と述べた。

 予算の無駄を洗い出すため4月にも行う「事業仕分け」第2弾などで財源を捻出し、2011年度の子ども手当に充てる方針を示したとみられるが、財源不足の場合は満額支給にこだわらない考えを示唆したとも受け止められ、今後議論を呼ぶ可能性がある。

 11年度からの子ども手当支給をめぐっては、野田佳彦、峰崎直樹両財務副大臣らが財源不足を理由に、民主党が政権公約(マニフェスト)で明記した「中学卒業まで1人当たり月額2万6000円」の満額支給は困難だと言及。首相はこの際、「基本的にはマニフェスト通りに行いたい」と否定した経緯がある。

 首相は14日、官邸に自らのブログ読者を招く「リアル鳩カフェ」の初会合を開き、子育てをテーマに意見交換した。出席者からは子ども手当について「財源問題がクリアでないと、子どもに借金を残すのではないかと不安」といった意見が出た。

虐待か? 長女への傷害容疑で継母を逮捕…兵庫 死亡との関連捜査(産経新聞)
法科大学院の合格者ゼロ 姫路獨協大、募集停止を検討(産経新聞)
石川議員、民主離党へ…近く小沢氏と会談し判断(読売新聞)
「信頼」発言で陸自幹部を文書注意 防衛省(産経新聞)
民主が常任幹事会で石川議員の離党を承認(産経新聞)

石川衆院議員が離党届、小沢幹事長受理(読売新聞)

 民主党の石川知裕衆院議員(北海道11区)は11日夕、代理人を通じて離党届を小沢幹事長に提出し、受理された。

火災 住宅の一部焼き女性死亡 男性が重傷 東京・大田(毎日新聞)
証券取引法違反 経常益62億円水増し…2容疑者を逮捕(毎日新聞)
第一興商に賠償命令 韓流曲 カラオケ無断使用(産経新聞)
羽曳野の射殺事件 全職員の銃剣所持状況を調査(産経新聞)
年中行事「初午」の飾り付け 杉並区(産経新聞)

<心臓移植>改正法間に合わず米で手術 寄付呼びかけ(毎日新聞)

 難病の拡張型心筋症で東北大学病院(仙台市青葉区)に入院中の市立仙台二中3年、寺町沙也(さや)さん(14)が、米国で心臓移植手術を受けられるよう支援しようと、「さやちゃんを救う会」(本部・札幌市)が募金活動を進めている。15歳未満からの臓器提供を認める改正臓器移植法は7月17日に施行されるが、沙也さんは昨年末に「余命半年」と宣告され猶予はない。救う会は「沙也さんの命を未来につなぎたい」と支援を呼びかけている。

 札幌市内の中学に通っていた沙也さんは07年11月28日、ソフトテニスの練習後に倒れ心停止状態になった。市立札幌病院へ搬送され、同12月6日に再び心停止状態に。北海道内での治療は困難と、同日中に人工心肺などをつけて東北大学病院へヘリコプターで搬送された。

 心臓の左側が機能しないため、補助人工心臓を装着しているが、ほかの臓器に負担がかかり症状が悪化。早急な心臓移植が必要だ。

 米・コロンビア大学病院が受け入れを決めたが、費用は手術費など総額1億3000万円。救う会は「皆さんの善意にすがるしかすべがない」とし、父貴史さん(43)と母直美さん(41)は「札幌、仙台で救っていただいた命を米国でまた救っていただきたい」と一人娘への支援を訴えている。

 寄付の振込先は「さやちゃんを救う会」で、ゆうちょ銀行振替口座02730-4-46032。【高橋宗男】

【関連ニュース】
臓器移植:新規登録者の約4分の1 親族優先提供を希望
臓器移植:大阪で40代男性脳死判定 86例目臓器提供へ
社説:親族優先の移植 心情は理解できても
八王子医療センター:生存率、過大に説明 複数の患者らに
八王子医療センター:「不適切治療」公表せず

鳥取不審死、運転手水死も強盗殺人容疑で立件へ(読売新聞)
競泳女子メダリストが自民党公募に応募へ 参院徳島(産経新聞)
<表皮水疱症>患者団体が負担軽減など求め意見書(毎日新聞)
「死亡」ホームレス、警察の検視室でまばたき(読売新聞)
テニアン移設「とんでもない」=防衛政務官(時事通信)

石川衆院議員、辞職も離党もせず…記者会見(読売新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、政治資金規正法違反(虚偽記入)で起訴された石川知裕衆院議員(36)は9日、北海道帯広市内で開いた記者会見で、「後援会の皆様の総意として、地域の代表として1日も早く国会に戻って活動するよう強い励ましを受けた。今後も与えられた職責を果たしたい」と述べ、議員辞職も離党もしない意向を示した。

 石川議員は「政治資金の出所を不明にするなどの目的で意図的に虚偽の収支報告をしたことはない。水谷建設などから不正な献金を受領したことは一切ない。これらのことは今後の公判で明らかになると思う」として、身の潔白を主張した。

 その一方で、「このたびは北海道11区、十勝のみなさんに多大なご心配をおかけしたことを心からおわびします」と陳謝した。

 石川被告が公の場で自らの進退について言及するのは、5日に東京拘置所から保釈されて以来、初めて。

呼吸器チューブ外れ、入院の70代女性死亡(読売新聞)
石川議員、民主離党へ=きょうにも最終判断(時事通信)
下水処理水を輸出=中東などの農・工業用-空荷のタンカーで輸送・国交省検討(時事通信)
<毎日映画コンクール>「川崎舞台」華やかに(毎日新聞)
石川議員ら保釈申請=小沢氏団体事件(時事通信)

<名古屋市営地下鉄>線路に女性、はねられて死亡…伏見駅(毎日新聞)

 11日午後10時55分ごろ、名古屋市中区錦2の市営地下鉄鶴舞線伏見駅で、女性が上小田井発赤池行きの電車にはねられ、外傷性ショックで収容先の病院で死亡した。県警中署の調べでは、愛知県日進市の病院職員(29)。目撃者の話では、女性は線路からホーム(高さ1.25メートル)にはい上がろうとしているところを、進入してきた電車と接触したという。同署で経緯を調べている。

 市交通局によると、当時ホームには人が少なかったという。この影響で同線は約40分間、運転を見合わせ、約700人に影響が出た。【山田一晶】

【関連ニュース】
列車往来危険:受験でストレス、踏切に自転車…中3を逮捕
山手線:線路内に男性 緊急停止3万人に影響
JR京浜東北線:男性はねられ重体 ダイヤ乱れ3万人影響
JR福知山線脱線:元2部長の不起訴不当議決 検察審
列車事故:特急とトラック衝突 乗客ら41人負傷 北海道

小沢氏と距離の枝野氏起用、指導力印象づけも(読売新聞)
比較的少なかったはずの新潟市でも81cm大雪(読売新聞)
【新・民主党解剖】第3部 沈黙の帝国(中)小沢氏との距離、手探り(産経新聞)
新株予約巡り「時事評論家」増田氏事務所など捜索(読売新聞)
振り込めグループ6人逮捕=同様手口の被害2億円-兵庫県警など(時事通信)

大仁田氏「ファイヤー」連発!号泣も…長崎県知事選告示(スポーツ報知)

 任期満了に伴う長崎県知事選が4日告示され、いずれも無所属新人の7人が立候補を届け出た。3期で引退する金子原二郎知事(65)の後任の座を争う選挙で、21日に投票、即日開票される。

 金子県政を支えてきた自民党が、金子氏の“後継者”前副知事の中村法道氏(59)を支援するのに対し、民主、社民、国民新党は、元農林水産省改革推進室長の橋本剛氏(40)を推薦。与野党対決の構図で激しい選挙戦が予想される。

  小学生苦笑 “第三勢力”元参院議員でプロレスラーの大仁田厚氏(52)は、長崎市内の歴史文化博物館前で第一声。出馬会見では、自身のキャッチフレーズ「ファイヤー」封印を宣言していたが、興奮したのか、何度も連呼。小学生にも「ファイヤー」と叫び、苦笑されていたが「ふるさとが生き返るのなら、何でもします」と号泣した。

 また、大相撲の横綱、朝青龍の引退についても言及。大仁田氏は、これまで引退表明、撤回を繰り返し、昨年12月にも5回目の引退を表明している。ジャンルの違う朝青龍の場合、引退を撤回することは不可能だが、“引退のプロ”は「世の中、優等生ばかりじゃつまらない。1年間休んで、また土俵に帰って来ればいい」とムチャなエール。選挙カーが間に合わないなど、アクシデントに見舞われた告示日だったが、自転車に乗って遊説し、「かえんば、長崎」などと支持を訴えた。

 ◆長崎県知事選立候補者(届け出順)
橋本 剛40元農水官僚無新
深町孝郎67団体事務局長無新
中村法道59前副知事無新
押渕礼子71元県議 無新
大仁田厚52元参院議員無新
松下満幸62元運送会社員無新
山田正彦44会社役員無新


 【関連記事】
長崎県知事選、大仁田氏ら新人7人による争い確定
猪木がWWE殿堂入り!日本人初の栄誉
17歳・花月、改名初戦は完敗…仙台女子プロレス
やく氏、協会に厳しい対応求める…朝青の暴行問題で
金子原二郎 国民新党 農林水産省 を調べる

<名古屋ひき逃げ>運転者は岐阜県内のブラジル人 行方追う(毎日新聞)
医師のネット言論などで報告書―日医懇談会(医療介護CBニュース)
帰国の公認会計士を逮捕=GWG買収仲介脱税-東京地検(時事通信)
小沢氏、預貯金「ゼロ」=多額保有も過去16年記載なし-衆院資産公開(時事通信)
雑記帳 忌野清志郎さんの絵画 母校OBの展覧会に 東京(毎日新聞)

日米でプリウスをリコール=今週前半にも、30万台-トヨタ(時事通信)

 トヨタ自動車は8日、ハイブリッド車の新型「プリウス」のブレーキ不具合をめぐる問題で、日米でリコール(回収・無償修理)する方針を決めた。対象は昨年5月に発売された最新モデルで、1月末までに販売された約30万台。日米の運輸当局と調整の上、今週前半にも発表する。1月末以降に生産した車は処置済みでリコールの対象外とする。
 新型プリウスをめぐっては、でこぼこの路面や滑りやすい雪道などを低速で走行した際、ブレーキが瞬間的に利かないとの苦情が日米を中心に相次いでいる。日本では20万台弱、米国では10万台前後が対象に上るとみられる。
 トヨタは、横滑りなどを防いで車体をコントロールするアンチロック・ブレーキ・システム(ABS)の作動時に発生する現象とみており、ブレーキの制御ソフトを修正することで対処できるとしている。 

【関連ニュース】
【特集】話題の車-エコカー新時代到来=時事ドットコム編集部が徹底検証
〔用語解説〕「リコール」
週明けに「プリウス」対策公表へ=トヨタ、米ディーラーに通知
トヨタ、信頼回復に「多くの課題」=NYタイムズ社説
上場企業、経常利益6.9%増=2年ぶり増益-10年3月期決算・時事通信社集計

イエメン・アルカイダの資産凍結=政府(時事通信)
無人偵察機 飛行試験中に墜落、海へ落下 防衛省(毎日新聞)
<個所付け>民主党の県連通知に野党が一斉反発(毎日新聞)
小沢氏会見わずか18分 疑惑説明なお曖昧 4日勾留期限 窮地か余裕か(産経新聞)
「介護に役立てて」80代夫妻、地元に2億円寄付(読売新聞)

雅子さま、なおご体調に波 宮内庁発表(産経新聞)

 宮内庁は5日、病気療養中の皇太子妃雅子さまについて「ご快復はずいぶん進んでいるが、なおご体調には波がある」とした上で、「ご活動の幅をさらに大きく広げていただくまでには、さらなる時間が必要」とする東宮職医師団の見解を発表した。

 野村一成東宮大夫が会見した。見解では海外ご訪問について、公式訪問は負担が大きすぎるが、私的なご訪問は治療の面からも効果的だと指摘した。長女の敬宮愛子さまとの関係については「健やかに成長されていることが大きな喜びになっているようにお見受けします」とした。

 さらに、「今後は十分に時間をかけながら、ライフワークにつながる可能性のあるご活動を見つけることにも力を注いでいただきたい」とアドバイスを送っている。

 医師団の見解は例年、雅子さまの誕生日の12月9日に合わせて発表されている。だが、46歳を迎えられた昨年の誕生日は「見解の取りまとめに時間がかかっている」などとして、東宮職が発表を繰り返し延期していた。

 雅子さまは、40歳の誕生日を目前にした平成15年12月に帯状疱疹(ほうしん)で入院し、翌春まですべての公務を休まれた。16年7月には宮内庁が「一連のストレスが原因の適応障害によって不安や抑鬱(よくうつ)気分が表れている」とする医師団見解を発表。現在も「適応障害」の状態が続いているとして、カウンセリングや薬物治療を続けられている。

【関連記事】
天皇陛下「夜のご執務」相次ぐ 書類が来ない…
皇居への一般参賀、回数減らしても人数は減らず
「天皇陛下は江戸城より京都・広島に」亀井氏が進言
皆様の温かい気持ち、大きな支え 雅子さまご感想全文
【皇太子さま誕生日会見】(3)雅子さま、公務ご復帰の見通しは?

名古屋ひき逃げ、運転者は20代ブラジル人(読売新聞)
小沢氏不起訴で首相「責めは感じるべき」(読売新聞)
6月に児童ポルノ対策=政府(時事通信)
宇宙桜を学校・公園に植樹、多摩でプロジェクト(読売新聞)
独法の仕分け、対象選定に着手=仙谷担当相(時事通信)

自民、元女優ら2新人を擁立(産経新聞)

 自民党は5日、夏の参院選で、北海道選挙区に元団体役員の長谷川岳氏(38)、比例代表に会社社長の田島みわ氏(45)を新たに公認した。長谷川氏は昨年の衆院選で北海道1区から出馬、落選していた。田島氏は「麻生真宮子」の芸名で歌手・女優活動の経験があり、現在はイタリアの食文化から見た都市再生の研究をしている。両氏の公認で、自民党の候補者は、選挙区36人、比例代表20人の計56人となった。

【関連記事】
自民、全国遊説に「美人すぎる市議」活用
小沢幹事長、田村参院議員に入党要請
平沼氏「懐かしい場所に戻ってきた」
安倍氏会長の研究会が「創生『日本』」に名称変更
石川被告への辞職勧告「審議するにあたらず」 山岡氏

<酒気帯び運転>警察へ免許更新に 現行犯逮捕(毎日新聞)
平野官房長官 個所付け事前通知で陳謝(毎日新聞)
社福法人で15億円不正流用か 鳥取 県議事務所など捜索(産経新聞)
菅財務相、新成長戦略を説明へ=カナダG7、6日開幕(時事通信)
司法書士、依頼者の金着服=過払い返還金など1000万円-富山(時事通信)

【中医協】「院内トリアージ体制加算」を新設へ(医療介護CBニュース)

 中央社会保険医療協議会(中医協、会長=遠藤久夫・学習院大経済学部教授)は2月5日の総会で、来院した患者にトリアージを行っている医療機関を評価する「院内トリアージ体制加算」を来年度の報酬改定で新設することを了承した。また、開業医らと連携し、夜間・休日に地域で多数の救急患者を受け入れる体制を整えている医療機関を評価する「地域連携夜間・休日診療料」を新たに設けることも決まった。現行の「地域連携小児夜間・休日診療料」と「乳幼児加算」については、いずれも点数を引き上げる。

 院内トリアージ体制加算は、現行の地域連携小児夜間・休日診療料を算定している医療機関に対し、来年度改定で試行的に加算を認める。
 加算の施設基準は、▽院内トリアージの実施基準を定め、院内掲示などで受診者に周知している▽来院後速やかにトリアージを実施し、患者に説明するとともに、一定時間経過後に再評価を行っている―の2点。算定要件は、来院した患者に院内トリアージを行った上で診療した場合となっている。

 一方、地域連携夜間・休日診療料は、現行の地域連携小児夜間・休日診療料を大人に拡大する形だ。施設基準は、▽夜間・休日に救急患者を診療できる体制を持つ▽夜間・休日に救急患者を診療する医師(当該医療機関や近隣の診療所などの保険医療機関が主な勤務先)が3人以上いる―となっている。

 このほか、市町村(人口5万人未満)の一部区域で認められている入院基本料減算の特例の対象地域を見直し、奄美群島、小笠原諸島、沖縄県の離島の各区域を来年度から対象に加えることで合意した。


【関連記事】
【中医協】「リンパ浮腫指導管理料」、外来で再算定が可能に
【中医協】「後発医薬品使用体制加算」の新設を了承
【中医協】安全な麻酔管理体制を評価
【中医協】医療職とケアマネとの連携を評価
【中医協】脳血管疾患リハ料、廃用症候群の加算を新設へ

<首都圏連続不審死>大出さん殺害現場物色か 車Uターンも(毎日新聞)
香港に捜査員派遣=銀座・高級時計窃盗で警視庁(時事通信)
コンビニで住民票、渋谷・三鷹・市川で(読売新聞)
「真っ赤な血の海があって…」声を震わせる証人(産経新聞)
<野口聡一さん>鬼は外?…宇宙ステーションで「豆まき」(毎日新聞)

悔い無き最期、迎えるために 求められる「死の予習」(産経新聞)

 核家族化で死が縁遠いものになっているが、悔いのない一生を全うするため死を迎える「予習」が求められている。終末医療の専門医が「人生の最期は右肩下がりの緩やかな曲線を描かない」と指摘するように急に訪れる死。健康なうちに後悔しない生き方を模索する動きが広がっている。(日出間和貴)

 ◆他人とのつながり

 「1カ月前まで元気だった患者さんの病状が激変し、あえなく死を迎えるケースが多い。やり残したことや悔いがなく、家族に思いのすべてを言って死んでいける人は少ない」

 これまで入院・在宅双方で1000人を超す終末期患者の死を見届けてきた緩和医療医の大津秀一さんはこう振り返る。緩和医療医は、患者の心身の苦痛を取り除くことが最大の使命。身体的苦痛と違い、心の痛みは簡単ではないという。

 大津さんの『死ぬときに後悔すること25』(致知出版社)には末期患者のさまざまな無念がつづられている。「25の後悔」には、生前の意思を示さなかった▽他人に優しくしなかった▽故郷に帰らなかった▽会いたい人に会っておかなかった-と続き、愛する人に「ありがとう」と伝えなかったことと結ばれている。

 「がん哲学外来」という患者との面談の場を中心とした「対話」を実践する順天堂大学医学部の樋野興夫(おきお)教授(がん病理学)は、生きることの根源的な意味を患者とともに考えてきた。「患者は病気を治したいという欲求だけでなく、人とのつながりを感じ、尊厳を持って生きることを求めている。わずか1時間の面談でも生きていく意味を理解しては満足し、快活な笑顔を取り戻していく」

 樋野教授によると、多くのがん患者は「なすべきこと」を気にかける。心の中で長い間、わだかまりを抱いてきた相手を思いだし、謝りたいとか仲直りしたいと悩む。「がん哲学外来」の役割に、そんな患者の目下の急務を一緒に見つけ、優先順位をつけることがあるという。

 ◆感謝の言葉を残す

 聖路加国際病院の日野原重明理事長は『メメント・モリ』(海竜社)の中で、「今まで生きてきたことへの感謝の言葉を周囲の人々に残すことができれば最高の人生である」と指摘。幸福な人生の幕引きには「ありがとう」の感謝の言葉が欠かせないようだ。

 人生の後悔を少なくする方法として、大津さんは「健康なうちから死の準備を進めることが重要。残された人生で何を優先するのか、一つ一つ塗りつぶしていけば悔いの念は少しは軽減される」と話す。

 それぞれの段階で生きがいを見いだし、どう「結」を迎えていくかは、入念な準備なしではかなわないといえそうだ。

                   ◇

 ■最後まで闘うのが「望ましい」 患者81%、医師19%

 日本人は望ましい死をどうとらえているのか-。東大医学部付属病院で緩和ケアを行う中川恵一准教授らのグループが、がん患者と医療関係者に「望ましい死」について聞いたところ、「最後まで病気と闘うこと」と答えたのは患者が81%だったのに対し、医師はわずか19%にとどまった。また、患者の92%が「やるだけの治療はしたと思えること」としたのに対し、医師はこの項目でも51%と、両者の意識に開きがあることが分かった。患者は闘病生活の中でも望みを託す一方、医師は医療の限界を感じている傾向が強い。

裁判員に被告の「温かい」家族写真、結果実刑(読売新聞)
民家全焼、39歳の息子の遺体 千葉・四街道(産経新聞)
高校無償化 朝鮮学校は「これからの議論」 文科相(産経新聞)
退去取り消し求め提訴…イラン国籍クルド人兄妹(読売新聞)
未成年者の喫煙事情 甘い社会的規制を危ぶむ声も (産経新聞)

「橋下党」今春にも結成…大阪府市再編支援(読売新聞)

 大阪府の橋下徹知事が提唱する府と大阪市の再編構想に賛同する府議らが、超党派で〈橋下党〉ともいえる府議会内新会派の結成を目指していることがわかった。

 今春にも20人前後で旗揚げする見通しで、メンバーらは「知事の改革を応援したい」としている。

 橋下知事の府庁舎移転構想などに同調してきた「自民党・維新の会」(6人)、「自民党・ローカルパーティー」(5人)の2会派の府議が中心メンバー。自民党(38人)、民主党(24人)の両会派や無所属系会派(6人)に所属する議員にも参加を呼びかけており、数人が前向きな意向を示しているという。

 橋下知事は、来年の統一地方選に向けて府市再編を公約に掲げる政治グループを発足させる意向を表明しており、新会派が受け皿となる可能性が高いとみられる。参加を決めた無所属府議の1人は読売新聞の取材に対し、「大阪の浮上には府市再編が必要。知事が動き出した今しかチャンスはない」と話している。

ハイチPKO参加へ調査チーム派遣(産経新聞)
神経細胞 皮膚から作成、「万能細胞」使わず 米国(毎日新聞)
球場入場拒否は無効=「鳴り物応援」認めず-ドラゴンズ応援団一部勝訴・名古屋地裁(時事通信)
保険金など2千万着服容疑、元郵便局長逮捕へ(読売新聞)
一宮西病院の身体拘束「違法でない」…最高裁(読売新聞)

元教職員側、逆転敗訴 国旗・国歌訴訟 職務命令は合憲(産経新聞)

 卒業式などで校長の職務命令に反し、国旗に向かっての起立や国歌斉唱をしなかったのを理由に、退職後に嘱託職員として再雇用しないのは違法として、都立高校の元教職員13人が1人当たり約560万円の損害賠償を都に求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は28日、都に賠償を命じた1審判決を取り消し、請求を棄却した。逆転敗訴となった元教職員側は上告する方針。

 稲田龍樹裁判長は、起立や斉唱などを指示した都教育長通達や校長の職務命令について「直接的に原告らの歴史観を否定する行為を命じるものではなく、思想・良心の自由を定めた憲法19条には違反しない」と指摘。その上で「原告らは職務命令に違反して処分を受けており、低い評価を受けざるを得ない」とした。

 平成20年2月の1審東京地裁判決は、通達や職務命令の違憲・違法性を否定する一方、「再雇用で、職務命令違反をあまりにも過大視し、勤務成績などほかの要素を考慮しないのは裁量権の逸脱、乱用だ」として計2750万円の支払いを命じた。

【関連記事】
国旗、国家 現状問うメール 書籍めぐり 府教委、全校長あてに
「国を愛せない教師たちが子供を育てている」、『学校の先生が国を滅ぼす』著者
「学校の先生が国を滅ぼす」 公立校の陰湿な舞台裏明かす本出版
「教育再生」止めてはならぬ 山谷えり子議員
国旗・国歌 新政権も「尊重」は当然だ

野田財務副大臣が小沢氏進退に言及(産経新聞)
鳩山首相、「どうぞ戦って」発言の撤回拒否 参院予算委審議スタート(産経新聞)
<名誉棄損提訴>船田前議員夫妻らが新潮社を 週刊誌記事で(毎日新聞)
双子のヤギ 和歌山公園動物園ですくすく(産経新聞)
<春闘>労使が初交渉 賃金より雇用確保優先(毎日新聞)

元中京銀行支店長を逮捕=手形割引悪用、特別背任容疑-愛知県警(時事通信)

 東証1部上場の「中京銀行」(名古屋市)の支店長が手形割引を悪用して同行に損害を与えたとして、愛知県警捜査2課などは27日、特別背任容疑で、元同行高蔵寺支店長米山博巳(56)=懲戒解雇、三重県桑名市福島=、建築設計会社社長中井隆男(58)=愛知県春日井市岩成台=両容疑者を逮捕した。同課によると、いずれも容疑を認めているという。
 逮捕容疑では、米山容疑者は支店長だった2008年8月11日ごろ、同社の業績が悪く、不渡り発生時に手形の買い戻しに応じることが難しいと知りながら、中井容疑者の依頼に応じて手形割引を行い、支店の同社の口座に割引金400万円を入金し、中京銀行に損害を与えた疑い。 

高速道路無料化、30でも35でもない週明け発表(レスポンス)
省庁再編「1年2年でできない」=鳩山首相(時事通信)
【施政方針演説】全文(2)目指すべき日本のあり方「労働なき富…」(産経新聞)
<ボンバルディア機>またトラブルで伊丹空港に引き返す(毎日新聞)
<サル>ナベ、地位捨て恋に走る 新たな群れで奮闘中 大分(毎日新聞)

診断基準策定求め要望書-「脳脊髄液減少症」支援の会(医療介護CBニュース)

 「脳脊髄液減少症患者支援の会」(大平千秋代表)などは2月1日、同症の診断基準を速やかに定めることなどを求める要望書を長妻昭厚生労働相あてに提出した。厚労省内で記者会見を開いた同会・子ども支援チームの鈴木裕子代表は、「一日も早く(診断基準の)ガイドラインを作成してほしい」と訴えた。

 「脳脊髄液減少症」については、厚労省が2007年、厚労科学研究費補助金を「脳脊髄液減少症の診断・治療の確立に関する研究」(研究代表者=嘉山孝正・山形大医学部長)に交付することを決定。同研究は、3年間で同症の診断基準を確立し、診療ガイドラインを作成することを目指してきた。今年3月に研究期間が終了するが、研究班はこれまでに収集した症例数がデータ解析の必要数に達していないことなどから、再度、同研究の補助金交付を申請している。

 これに対し要望書では、同研究事業で今年度中に当初目標(3年間)を達成し、同症の診断基準を速やかに定めることなどを求めている。


【関連記事】
「脳脊髄液減少症」で患者団体が要望署名提出
難病対策予算の確保で要望書―難病・疾病団体協
脳脊髄液減少症治療、早急に保険適用を
脳脊髄液減少症の研究・治療促進を
「不安から解放を」難病指定を要望

米倉氏の政策聞きたい=鳩山首相(時事通信)
現金授受現場に同席者…「紙袋渡すの見た」 水谷建設裏献金疑惑(産経新聞)
小沢氏の国会招致に消極的=鳩山首相(時事通信)
一宮西病院の身体拘束「違法でない」…最高裁(読売新聞)
福島党首の4選決定=社民大会が開幕(時事通信)
プロフィール

かわくぼしのぶ

Author:かわくぼしのぶ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。